グルコサミンとはムコ多糖類の一

グルコサミンとはムコ多糖類の一種で、人にはプロテオグリカンと呼ばれる蛋白質として、軟骨、爪、靱帯などに存在し、軟骨細胞を形成する成分です。加齢、肥満、運動不足などによって軟骨の再生不良が起きると、腰痛や膝の痛みが発生し、関節炎などに進行することもあります。グルコサミンは、この関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。グルコミサンと同じような働きをするコンドロイチンは私たちの血管、軟骨、靭帯などに常に存在している、基本物質です。人の細胞の1つ1つは結合組織(コンドロイチン)によって互いに結び付けられており、関節、靭帯、腱の弾力性円滑性をた保つ、クッションの役割をはたします。コンドロイチンは大変な保水力に富む物質で全身の70%ともいわれる体内水分の保水性や弾力性を保持するのを助けまる成分です。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部から補給してやることが望ましいのです。骨と骨をつなぐ緩衝材「軟骨」は65〜80%の水分とコラーゲン、プロテオグリカンの三つが主成分で、このうち一つでも欠けると軟骨の健康は損なわれます。コラーゲンは軟骨の他に、皮膚や腱、骨などからだの重要な組織の材料でもあります。プロテオグリカンは、たんぱく質と糖分からできた巨大な分子で、水分を吸収する性質があり、関節の動きに合わせ伸び縮みできるはたらきをします。関節の痛みの原因の一つに、加齢や激しい運動などによる軟骨の消耗があります。 膝関節の為には、日常の食生活において、魚、肉などに含まれるプロテオグリカンを摂取し、その一部が腸内細菌によって分解し、グルコサミンとして重要な働きをしています。プロテオグリカンはヒアルロン酸やコンドロイチン、ヘパリンといったいわゆるグリコサミノグルカンの集合体であり、これらが水分やコラーゲンなどと組み合って働いています。これらの成分が健康な関節を保持するのにいかに重要なものであるのです。このグルコサミンは単体で摂取するより、コンドロイチンと一緒に摂る方があなたの健康維持のためにもお奨めです。


RSS関連リンク
老後、
ヒザがジジィ・・・よりはマシだけど、痛い。「まぁ、膝が痛いんですか?それだったら、グルコサミンがいいですYO」・・・オレ自重www まぁグルコサ飲みます にこにこでこんなのが、 【ニコニコ動画】なつかしのFlash、全部覚えてたら… いわゆる一昔のFLASHをどれだけしってるか

関節の健康を守る成分
特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏

epa fta
+セサミンE(約30日分)送料無料眼と頭のために。セサミンとビタミンEに守られたDHAとEPAがスーパーパワーを発揮します。○グルコサミン&コンドロイチン(約30日分)グルコサミン、コンドロイチンに ...>>EPAダイエット食品 ...白身の魚の方がカロリーが
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。