グルコサミンは、ブド

グルコサミンは、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、軟骨に水分を閉じ込める物質(グルコサミノグリカン)の合成に必要な材料となり、これらの物質の生成を促します。もともとは体内で合成されるのですが、老化と共にグルコサミンの合成力とその働きが弱まるので、軟骨がすり減り易く、痛みを生じるようになります。グルコサミンは軟骨の主要構成物質の生成に欠かせない成分で、磨り減った軟骨の修復・再生に欠かすことができません。それとコンドロイチンは ムコ多糖の一種で軟骨・腱・靭帯を中心に普遍的に分布しています。軟骨を形成しているプロテオグリカンへ水分を送り込んだり、軟骨を分解する酵素を抑える働きがあるといわれています。簡単にいうとコンドロイチンが軟骨の分解を抑え、グルコサミンが軟骨を形成する、というわけです。しかし、コンドロイチンは加齢とともに生成されにくくなり減少してしまうので、ひじや膝に強い痛みが生じる原因となります。私たちが自由に関節を曲げ伸ばしできるのは、関節そのものより関節軟骨の働きが大きいのです。軟骨の働きは●骨がこすれ合う時に生じる摩擦を軽減します。●骨にかかる衝撃を和らげます。軟骨の新陳代謝には●軟骨には血管がなく、血液での酸素、栄養分、老廃物の出し入れ(新陳代謝)ができません。●そのため、軟骨の65〜80%を占める水分(関節液)の出し入れで新陳代謝を行っています。この関節軟骨は年齢と共にすり減ってゆき、しだいに関節に痛みを覚えるようになります。関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミンコンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
【美楽】ディープインパクト デルマリヴァイヴ
可能時期: 3?4日で発送 内 容 量 60粒(10粒×6シート)原 材 料 複合ムコ多糖・たん白(ヒアルロン酸、デルマタン硫酸、コンドロイチン硫酸、アミノ酸)、コラーゲンペプチド、プロポリスエキス末、ライチ種子エキス末、ローヤルゼリー末、コラーゲントリペプチド、ショ糖、ゼラチン、食用油脂、

11/13
●茨城県民の日 の3つです。では、由来です。●いいひざの日 寒さが増してひざが痛み出す時期に、コンドロイチンZS錠などの関節痛の薬を開発するゼリア新薬工業株式会社が、ひざ関節痛の治療や予防を広く呼びかけるために制定した日

ウルトラプレミアムフード
関節炎をメンテナンスしてくれる成分が加わった ラム&玄米です。。。治療とまでゎ行かないでしょうが 予防してくれる処方フードです。。。フード内に加わっているグルコサミンとコンドロイチンゎ ドッグフードにしてゎしっかり加わった量らしいです。。。ちょっと、資料が手元に無くなってしまった
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。