グルコサミンはもとも

グルコサミンはもともと人のからだの中に存在している物質で、軟骨に不可欠な成分であるプロテオグリカンの生成に欠かせない存在です。軟骨の中に水分を閉じ込めるグルコサミノグリカンというタンパク質の生成にもグルコサミンが必要です。グルコサミンが不足してくると、軟骨細胞のプロテオグリカンの生成能も衰え軟骨の健全性を阻害することになるのです。それとコンドロイチンは ムコ多糖の一種で軟骨・腱・靭帯を中心に普遍的に分布しています。軟骨を形成しているプロテオグリカンへ水分を送り込んだり、軟骨を分解する酵素を抑える働きがあるといわれています。簡単にいうとコンドロイチンが軟骨の分解を抑え、グルコサミンが軟骨を形成する、というわけです。しかし、コンドロイチンは加齢とともに生成されにくくなり減少してしまうので、ひじや膝に強い痛みが生じる原因となります。骨と骨が相対している部分を関節といいます。その相対する骨の先端をおおっているのが軟骨で、骨同志の摩擦を防いだり、骨にかかる衝撃を和らげています。軟骨の表面は、非常に滑らかで滑りやすくなっおり骨と骨が擦れあう摩擦を少なくします。この軟骨が、加齢や物理的な要因で、傷ついたり、もろくなって崩れてしまうと、関節がスムーズに動かなくなってきます。その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形性関節症が起こるのです。 関節によいグルコサミンは、カニやエビなどの甲殻類の殻にはキチン質として多く含まれています。そのカニやエビから抽出したキチン質をさらに分解して、効率よく吸収できるようにしたものが、サプリメントとしてのグルコサミンというわけです。どうしても、年齢を重ねるとグルコサミンは不足しがちになってしまうので、グルコサミンの一日の摂取量が1,500mg以上摂取できて、なおかつ相乗効果を高めるためコンドロイチンが配合された製品を選ぶことが、グルコサミン摂取のためには理想的だともいわれています。


RSS関連リンク

痛めた・・がくー やっと股関節がまともになってきたのにw 首やら腕やらはともかく、腰から下はつらいー コンドロイチンとかとるべき?ww あ。本日は膝の日だそうですよ。

全聚徳/北京旅行-6
すごい脂。それがまた旨い。老酒すすむ!北京ダックの皮には、ふかのひれや燕の巣と同様に 「軟骨再生成分」コンドロイチンが多く含まれています。コラーゲンも豊富で美容効果絶大です。又、脂肪は「不飽和脂肪酸」で体内の中に留まらず

禿げ対策:抜け毛:食事?
。その理由をまとめてみましょう。禿げ対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。