グルコサミンはもとも

グルコサミンはもともと人のからだの中に存在している物質で、軟骨に不可欠な成分であるプロテオグリカンの生成に欠かせない存在です。軟骨の中に水分を閉じ込めるグルコサミノグリカンというタンパク質の生成にもグルコサミンが必要です。グルコサミンが不足してくると、軟骨細胞のプロテオグリカンの生成能も衰え軟骨の健全性を阻害することになるのです。グルコミサンと同じような働きをするコンドロイチンは私たちの血管、軟骨、靭帯などに常に存在している、基本物質です。人の細胞の1つ1つは結合組織(コンドロイチン)によって互いに結び付けられており、関節、靭帯、腱の弾力性円滑性をた保つ、クッションの役割をはたします。コンドロイチンは大変な保水力に富む物質で全身の70%ともいわれる体内水分の保水性や弾力性を保持するのを助けまる成分です。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部から補給してやることが望ましいのです。軟骨は関節の働きを滑らかにする組織です。その軟骨を構成する成分の中心的なものは、基質である軟骨細胞で、これに加えて軟骨の65〜80%といわれている水分、軟骨に弾力性を与え、外力を吸収する役割を果たすコラーゲンが20%、体内で糖蛋白の成分として存在する10%のプロテオグリカンによって構成され、これらがバランス良く働いておれば健全な軟骨としての機能が保たれますが、バランスがくずれると関節になんらかの異常、障害が起こります。加齢などにより軟骨が擦り切れてつぶれしまうと変形性関節症となりひどい痛みを伴う事があります。 関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミンコンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
ハゲ対策:抜け毛:食事?
。その理由をまとめてみましょう。ハゲ対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物

不思議な話
グリーン末(大麦若葉製剤)・カルマジン(カルシウム・マグネシウム製剤)・ アクティブレイン(イチョウ葉製剤)・ビルベリー&DHA(ビルベリー製剤)・ 紅麹ニンニク発酵エキス(紅麹製剤)・ラクッション(グルコサミン・コンドロイチン製剤)・ プライムエグゼ(ツルニンジン製剤)・プライムピュア(イソフラボン製剤)・ 坂元くろず・マイクロ

横尾はペット
いなかったのかな。... http://blogs.yahoo.co.jp/meksisi/7769876.html ---------- まもなく初雪 るんるん!コンドロイチン .... エラスチンペプチド、セラミド含有米抽出物、コエンザイムQ10、ビタミンC、香料 鶴瓶 だって!!!!(驚) 中居きゅんが紅だよーーーーー!仰天
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。