グルコサミンは、ブドウ糖から合

グルコサミンは、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、軟骨に水分を閉じ込める物質(グルコサミノグリカン)の合成に必要な材料となり、これらの物質の生成を促します。もともとは体内で合成されるのですが、老化と共にグルコサミンの合成力とその働きが弱まるので、軟骨がすり減り易く、痛みを生じるようになります。グルコサミンは軟骨の主要構成物質の生成に欠かせない成分で、磨り減った軟骨の修復・再生に欠かすことができません。それとコンドロイチンは ムコ多糖の一種で軟骨・腱・靭帯を中心に普遍的に分布しています。軟骨を形成しているプロテオグリカンへ水分を送り込んだり、軟骨を分解する酵素を抑える働きがあるといわれています。簡単にいうとコンドロイチンが軟骨の分解を抑え、グルコサミンが軟骨を形成する、というわけです。しかし、コンドロイチンは加齢とともに生成されにくくなり減少してしまうので、ひじや膝に強い痛みが生じる原因となります。軟骨はスポンジ状の組織でできており、このスポンジ組織に十分に関節液が染み込んでいる場合は、クッションのように柔らかい、弾力性を持った状態に保たれています。 ところが、関節液が少なくなってくるとスポンジが硬くなり、弾力性や柔らかさが失われてきます。また、軟骨が変質してくると、スベスベした表面がデコボコになり、一部が小片となって欠けたりして磨耗します。そうなってくると、軟骨のクッション性がなくなり、直接に骨へ負担がかかってスムーズな動きができなくなります。その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形が起こるのです。 グルコサミンを摂取することによって、階段や坂道も気にならない、頑丈で健康な体を日常から意識していくことで、老化防止効果を期待して、体力の衰えを事前に予防できる。グルコサミンはそんな優れものですね。グルコサミンは、食物には微量しか含まれていないため、食べ物からだけでは十分な量を摂取することはできないのです。そんな時には、グルコサミンのサプリメントや健康食品で関節の健康を守りたいものです。また、グルコサミンは単独で摂取するよりも、コンドロイチンを同時に摂取したほうが相乗効果が高まると言われています。まさに、グルコサミンとコンドロイチンはベストパートナー名のです。


RSS関連リンク
「ヒアプラス」MSM、グルコサミン、コンドロイチン
【犬・猫専用】食べる低分子ヒアルロン酸サプリ「ヒアプラス」MSM、グルコサミン、コンドロイチンの4大ふしぶしサポート成分を高配合♪ 価格: 5,250円 発売元: 有限会社パーフェクト・ワークス 発送可能時期: 1?2営業日以内に発送 ヒアプラスの使用方法 体重1kgあたり1日150mgを目安として与えてください。

ウォークサプリ
やすい幸せ価格でご提供!無理なく続けていただくために、価格にもこだわっています。(5)節々に必要な配合バランス コンドロイチンとグルコサミンの配合比を5対4の黄金比!さらに、コンドロイチンとグルコサミンの働きを助けてくれるヒアルロン酸やビタミンCを配合しました。■

カリウム サプリ
「すっきり小粒」で、ダイエット&カラダお掃除が送料無料で1050円 健康食に ...(続きを読む) 100円サプリ!!〓【グルコサミン&コンドロイチン&コラーゲン Ver.D_guru】〓≪1ヶ月分≫※お一家族様1個まで間違いご注文が多くなっております。

グルコサミンは、元々は私たち身

グルコサミンは、元々は私たち身体の中でも作り出されるアミノ酸なのです。プロテオグリカン(ムコ多糖類)と呼ばれる蛋白質で軟骨、爪、靱帯、心臓弁などに存在しています。グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。しかし加齢とともに失われていきます。それからコンドロイチンはムコ多糖体の一種で、加熱するとゲル化(凝固)する性質をもつ食物繊維の仲間です。関節・靭帯・腱の弾力性・円滑性を保持する作用があり、プロテオグリカンの構成成分である水分を保持するのに重要な役割を果たしています。軟骨を分解する酵素の働きを抑え軟骨が必要以上に破壊されるのを防ぎます。コンドロイチンが減少すると、関節軟骨は変形し関節軟骨の弾力性も低下していきます。骨と骨をつなぐ緩衝材「軟骨」は65〜80%の水分とコラーゲン、プロテオグリカンの三つが主成分で、このうち一つでも欠けると軟骨の健康は損なわれます。コラーゲンは軟骨の他に、皮膚や腱、骨などからだの重要な組織の材料でもあります。プロテオグリカンは、たんぱく質と糖分からできた巨大な分子で、水分を吸収する性質があり、関節の動きに合わせ伸び縮みできるはたらきをします。関節の痛みの原因の一つに、加齢や激しい運動などによる軟骨の消耗があります。 関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
サンライズ ミンチスペシャル
高い消化性を実現。超高齢犬に必要なエネルギーが少量で効率よく摂取できます。超高齢犬の可S熱の健康に配慮して、グルコサミン・コンドロイチンを配合しました。愛犬の成長・健康維持に最適です。ヘルシーな国産鶏肉をふんだんに使用したおいしいダイエットフード。体重が気にな

名前が・・・。
)・ グリーン末(大麦若葉製剤)・カルマジン(カルシウム・マグネシウム製剤)・ アクティブレイン(イチョウ葉製剤)・ビルベリー&DHA(ビルベリー製剤)・ 紅麹ニンニク発酵エキス(紅麹製剤)・ラクッション(グルコサミン・コンドロイチン製剤)・ プライムエグゼ(ツルニンジン製剤)・プライムピュア(イソフラボン製剤)・ 坂元くろず

漆外骨脱臼 (覚え書き)
負担が掛かるそうです。) ・フローリングでのボール遊びの禁止 ・ジャンプや後ろ足2本に負担が掛かる行動の制限 ・骨良いとされるグルコサミンやコンドロイチンが多く入ったフードやサプリは成長が完全に止まってから この他にも沢山教えてもらったのに・・・忘れてしまった(
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。