グルコサミンとはムコ

グルコサミンとはムコ多糖類の一種で、人にはプロテオグリカンと呼ばれる蛋白質として、軟骨、爪、靱帯などに存在し、軟骨細胞を形成する成分です。加齢、肥満、運動不足などによって軟骨の再生不良が起きると、腰痛や膝の痛みが発生し、関節炎などに進行することもあります。グルコサミンは、この関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。それからコンドロイチンはムコ多糖体の一種で、加熱するとゲル化(凝固)する性質をもつ食物繊維の仲間です。関節・靭帯・腱の弾力性・円滑性を保持する作用があり、プロテオグリカンの構成成分である水分を保持するのに重要な役割を果たしています。軟骨を分解する酵素の働きを抑え軟骨が必要以上に破壊されるのを防ぎます。コンドロイチンが減少すると、関節軟骨は変形し関節軟骨の弾力性も低下していきます。骨と骨が相対している部分を関節といいます。その相対する骨の先端をおおっているのが軟骨で、骨同志の摩擦を防いだり、骨にかかる衝撃を和らげています。軟骨の表面は、非常に滑らかで滑りやすくなっおり骨と骨が擦れあう摩擦を少なくします。この軟骨が、加齢や物理的な要因で、傷ついたり、もろくなって崩れてしまうと、関節がスムーズに動かなくなってきます。その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形性関節症が起こるのです。 グルコサミンを摂取することによって、階段や坂道も気にならない、頑丈で健康な体を日常から意識していくことで、老化防止効果を期待して、体力の衰えを事前に予防できる。グルコサミンはそんな優れものですね。グルコサミンは、食物には微量しか含まれていないため、食べ物からだけでは十分な量を摂取することはできないのです。そんな時には、グルコサミンのサプリメントや健康食品で関節の健康を守りたいものです。また、グルコサミンは単独で摂取するよりも、コンドロイチンを同時に摂取したほうが相乗効果が高まると言われています。まさに、グルコサミンとコンドロイチンはベストパートナー名のです。


RSS関連リンク
蕎麦の栄養とは
その含有量は牛乳並みです。そして、体内では、作ることのできないアミノ酸、とくに必須アミノ酸が多く含まれています。からだの発育に欠かせないリジンやスタミナ源であるアルギニン酸などが必須アミノ酸ですね。これは、成長期の子供が食べるのにも最適な食べ物です

黒にんにくは食べてすぐに体がポカポカし
、その有用性。数十種類のミネラルとアミノ酸を含み、生にんにくの10倍以上もの抗酸化力を持っています。そもそもにんにくは滋養強壮の代表的な食品。さらに薬効を増した 黒にんにく とは?改めて、にんにくのパワーと抗酸化力について探ってみましょう。

もぐもぐ管理15日目
について】 ようやく目標達成。これを維持しなければ!【体脂肪について】 なかなかさがりませんねー 【食事について】 今日から、サプリで、鉄分とアミノ酸、Lカルニチンをとりはじめた。どうかな?【運動について】 きょうは、ストレッチを中心に40分。意外と汗でます。本日の摂取

グルコサミンはもとも

グルコサミンはもともと人のからだの中に存在している物質で、軟骨に不可欠な成分であるプロテオグリカンの生成に欠かせない存在です。軟骨の中に水分を閉じ込めるグルコサミノグリカンというタンパク質の生成にもグルコサミンが必要です。グルコサミンが不足してくると、軟骨細胞のプロテオグリカンの生成能も衰え軟骨の健全性を阻害することになるのです。それからコンドロイチンはムコ多糖体の一種で、加熱するとゲル化(凝固)する性質をもつ食物繊維の仲間です。関節・靭帯・腱の弾力性・円滑性を保持する作用があり、プロテオグリカンの構成成分である水分を保持するのに重要な役割を果たしています。軟骨を分解する酵素の働きを抑え軟骨が必要以上に破壊されるのを防ぎます。コンドロイチンが減少すると、関節軟骨は変形し関節軟骨の弾力性も低下していきます。骨と骨をつなぐ緩衝材「軟骨」は65〜80%の水分とコラーゲン、プロテオグリカンの三つが主成分で、このうち一つでも欠けると軟骨の健康は損なわれます。コラーゲンは軟骨の他に、皮膚や腱、骨などからだの重要な組織の材料でもあります。プロテオグリカンは、たんぱく質と糖分からできた巨大な分子で、水分を吸収する性質があり、関節の動きに合わせ伸び縮みできるはたらきをします。関節の痛みの原因の一つに、加齢や激しい運動などによる軟骨の消耗があります。 関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
AADC欠損症って何?
とされています。日本ではほとんど知られていない疾患で、2007年11月現在患者は3人です。AADCとはAromatic L-amino Acid Decarboxylase/芳香族アミノ酸脱炭酸酵素。モノアミン神経伝達物質の中のカテコールアミン(ドパミン、アドレナリン、ノルアドレナリン)とセロトニン・メラトニンの合成に関わる酵素です。

小松彩夏 ブログ
・比較サイト 国内格安航空券&格安ツアー www.japansky.co.jp 1日2000便10種類の国内格安航空券の料金をスピード検索&予約。今夜はアンジュアン 渋谷で gourmet.gyao.jp 今夜のデート ...>>小松彩夏アミノ酸ムサシとはアミノ酸ムサシとは温泉の口コミ情報浅尾美和の噂内山理

「みんな大好きな食品添加物食品の裏側
しているのは「たんばく加水分解物」。それは何かと言うと「肉や大豆などのたんぱく質を分解して作られるアミノ酸の事。アミノ酸はうまみの素で日本人が最も好む味」と解説されています。・・・と、ここまではいいんだけれど問題は
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。